人気ブログランキング |

カテゴリ:少し慣れてきた中級者向け( 15 )

The Joy of Not Working: A Book for the Retired, Unemployed, and Overworked — 21st Century Edition (English Edition)
Ernie J. Zelinski
B00CSM3DNE

一言で言うと、「真剣に余暇を楽しみましょう!」っていう本です。
前半のほとんどは
どうやったら余暇を取れるのか?
ということについて、まじめに真剣に書いてあります。
日本人にはこの考え方受け入れられるのかな?
私の個人的な印象では、「できるだけ働かない時間を増やしたい」って言うと、日本ではけっこう白い目で見られるような・・・。
でも、この本を読むと、余暇を持ち、余裕を持ち、本当に自分が楽しめることをする、というのがいかに大切かということがよくわかります。

私がこの本を手に取った理由。
私は自他ともに認める仕事大好き人間で、休日も仕事をしていますが、まったく苦にならないし、ちゃんと健康に気をつけているからいいと思っていました。でもそれではやはり人間としての幅も狭くなってしまうし、将来的に自由な時間が増えたときに、ハタと何をやればいいかわからないっていうのも悲劇だなと思いました。本当に心の自由を手に入れるために、余暇の楽しみ方も知っておく必要があると思ったのです。
この本を読むと、「将来になって自由時間が増えたら・・・」というより、今すぐどうやって時間を作り出し、真剣に余暇を楽しむこと!と書いてあります。

日本人としてなかなか罪悪感が抜けないのも確かですが、世界的にも、労働時間を縮小する流れがあり、数々の研究結果でも、労働時間が少ないほうが幸せ度が高いということらしいです。
確かに、6時間以上労働してもあまり効率はあがらないし、疲れだけがたまってしまいますよね・・・
幸せになるために働いているのに、逆の方向にいってしまっているような。

すごく長い本ですが、このテーマに興味がある人にとっては、参考になるかと思います。
英語は、先日のHow to solve all your money problemsよりも易しめです。単語が難しくありません。
中級者ならスムーズに読めてしまうでしょう。

日本語版はこれ↓
VOICE新書 働かないって、ワクワクしない?
アニー・J・ゼリンスキー 三橋由希子
4899763824

by english-books | 2015-11-20 06:50 | 少し慣れてきた中級者向け

How to Solve All Your Money Problems Forever: Creating a Positive Flow of Money Into Your Life (English Edition)
Victor Boc
B00BURYNLY



今となっては新しいわけでもない「アファメーション」、色々な切り口から本が出版されていますが、これはお金の観点にしぼって書いている点と、「引き寄せの法則」だけではなく、「引き離しの法則」についても同じくらいのウェイトを置いて書かれているところが、私にとっては新しいと感じました。

しかしまぁーー長い!エッセンスだけを切り取ると、
引き寄せの法則と、
引き離しの法則
どちらも大事だから、ちゃんと二つとも同時に実践しなさいよ!
ってことなんですが、(こういう本にありがちですが)前置きが非常に長いし、抽象的な話から具体例まで。

でも、英語の観点からいうと、文章自体はとても綺麗で読みやすく、さらに単語がすごく豊富なので(作者の教養を感じます)、単語を増やしたい方に良いかも。
私自身もこの本でたくさんの新しい単語に出会いました。

本の前半のトピックである「アファメーション」、私も非常に賛同していますし、実践もしています。この本では、具体的な行動の起こし方を懇切丁寧に書いてくれているので、これを読みながら実践に移すのは難しくないはずです(ほんの少しのコミットメント!)

でも、私にとっては、「引き離しの法則」ってけっこう難しいです。
まぁでも考えてみれば、血眼になってその対象を求めているときは手に入らず、「まぁ、手に入らなくてもいいか」ってちょっと手放したときにすんなり手に入る、っていうのは確かによくある話ですよね。

それはよくわかるんですが、なんか、引き寄せと引き離しを同時に行うのが難しくって> <

作者は本の最後のQ&Aで、引き寄せるという行為と、執着の違いについて説明してくれていますが、それによると、
引き寄せる=それが起こったらいいなぁ、それが起こって当然、とてもナチュラル、それが起こると信じる
執着=それが起こらないと困る、起こらないと人生困ったことになるという恐れから来ている

という違いがあるらしいです。

んー 確かに、この二つには大きな違いがあるんですが、具体的に自分の願いに当てはめてみると難しいんです。
たとえば、お金がたくさんある状態をアファメーションとして考えていた場合、「まぁお金がなくてもいいんだけどさ」と同時に考えることってとても難しいです。

うーん・・・・

日本語版↓

すべてのお金の悩みを永久に解決する方法
ビクター ボック 弓場 隆
B00JE9IJI8

by english-books | 2015-10-28 10:29 | 少し慣れてきた中級者向け

Still Alice
Lisa Genova
1849838429


今回も素晴らしい出来でした。重病患者(アルツハイマー)の話と聞いて、洋書にありがちな「私はこんなに可哀想なのよ!」というのを全面に押し出したものだったら嫌だな・・・という気持ちが、正直いうと、あったんですが。
「悲劇のヒロイン」要素はかなり少ないといってよく、ただひたすらアルツハイマー患者が対峙する日々の奮闘を読むことになります。作者もそれは気をつけていたポイントだったようですね(本の終わりに作者インタビューが付いていました)

サスペンスでもないのに、この「読ませる力」はすごいと思います。犯人が知りたいわけでもないのに、先が気になって仕方がない。主人公の気持ちを丁寧に描いているのに、主人公がどのような行動をとるか、ハラハラ目が離せないところがあって・・・。この本の場合、夫であるJohnがどのような気持ちで、どのような行動をとるのかもすごく気になるところでした。

アルツハイマーはもちろん誰もが知る難病で治療法も未だに無いわけですが、「若年性」というところにさらなる悲劇があるように思いました。情報が足りないゆえに、診断されるのも遅くなる・・・・。アリスが感じている圧倒的な孤独をつきつけられて、何度も辛くなって本を置かずにいられませんでした(でもまた続きが気になってすぐ再開するんですが)。

未来にはただ絶望が待っているのみ・・・。そんな日々の中でアリスは自分らしく、日々を生きていきます。
邦訳のタイトルは「静かなアリス」となっているのですが、これはStillを「静かな」と解釈したということなのだとしたら誤訳といってもいいような・・・このタイトルには「She is STILL Alice」という意味がこめられているのだと思うんですけどね。

先日の「Left Neglected」と面白さでは良い勝負だったなー。もしこれが日本語に翻訳されるのなら、やってみたいなぁ。
Left Neglected
Lisa Genova
1439164630


Lisa Genovaの3冊目をもう用意しているので、次はこれを読みます!
LOVE ANTHONY
LISA GENOVA
1439164681

by english-books | 2013-11-30 11:25 | 少し慣れてきた中級者向け

Left Neglected

Left Neglected
Lisa Genova
1439164630


とても良い本を読みました。
何となく手にとったときから良い予感がしてたんですよね。で、1ページを読み始めたら止まらなくなってしまい2日で読み終わりました。約300ページですけど、文字も小さくないし、何より、
英語がとても読みやすい!!

この本のあと、今はLauren Weisbergerの本を読んでいるのですが、読みにくいこと・・・。
このLisa Genovaという人の文章の読みやすさを実感しました。文章が上手い人というのはこういうのだなと。

たとえばSidney Sheldonはストーリーの面白さで読ませる感じですが、この人の場合は文章がすっきりしていて、日本語とさほど変わらず、ひっかかりなく読めるという点でストレスフリー。この文章の整理され具合は、今まで読んだ洋書の中で一番かもしれない。
しかも、英語学習という観点でも、時々学習意欲をくすぐるようなネイティブならではの表現など使われているのですが、この分量がまた最適。
洋書を読む場合でも、自分との相性の良い作家を見つけるって大事なんだと(改めて)思いました。リーディングで英語の勉強はしたいけど、なかなか読み進めない・・・という方には本当にお勧めです。私もこの方のほかの作品、近いうちに絶対読みます。

もちろん、ストーリー自体もとても面白いのです。Left Neglected というのは「半側空間無視」と医学では呼ばれる脳の損傷で、事故を起こしたSarahがこのLef Neglectedになってしまい自分の「左側」が全く認識できなくなってしまいます。それまでは多忙な毎日を送るキャリアスーパーママのSarahでしたが生活をスローに変えざるをえなくなってしまい・・・という話です。あらすじを聞くかぎり、ありきたりなように思えますが、ユーモアのあふれる文章で、どんどん読ませる力があります。

とにかく文章に感動させられた作家さんでした。拍手!

こちらの作品もAmazonで絶賛されていて気になるー。
翻訳もされているようです。
Still Alice
Lisa Genova
1439102813


静かなアリス
リサ・ジェノヴァ 古屋 美登里
4062151847

by english-books | 2013-10-23 12:57 | 少し慣れてきた中級者向け

Great-Aunt Sophia's Lessons for Bombshells
Lisa Cach
1416513310


英語はアメリカ英語で読みやすいですが、ボキャブラリーは上級です。主人公のGraceが大学院生のインテリという設定なので、Chick Litではありますが、セリフ部分も比較的洗練された英語という印象です。
「Bombshell」というのは、「魅力的な女性」という意味です。(主に男性にとって)
その昔Bombshellで女優だった大叔母であるSophiaに招待され、彼女の屋敷でひと夏を過ごすことになったGrace。何が目的かといぶかりながらもアルバイト料につられやってきたGraceを待っていたのは、80歳になっても美しいSophiaとDeclan、Andrewというまったく違うタイプの2人の男性。
GraceはいかにもPlayerのDeclanには警戒心を抱き、インテリタイプのAndrewに惹かれますが、おばのSophiaは、Declanを手に入れることができたら3万ドルあげる!という賭けを持ちかけてきます。
「Bombshell」修行をしながらDeclanにアプローチするという、今までとはまったく違う行動パターンに挑戦するGrace。そしてひと夏が過ぎ、思いがけない事実が明らかに!

というストーリー。
最後はなかなか感動的でしたが、Andrewのキャラがいまいちつかめず・・・
Sophiaもちょっと影が薄かったかなー。もっと個性を発揮してほしかったなという個人的な感想が。
すっごいいじわるキャラとか。
でも、アメリカ人が考える「いい女」っていうのは日本人の考えるものとはけっこう違うものだなーと勉強になりました。SophiaがGraceに対して行う修行、なかなかおもしろいですよ!
by english-books | 2012-08-13 03:56 | 少し慣れてきた中級者向け

「今、始める」習慣!

The Now Habit: A Strategic Program for Overcoming Procrastination and Enjoying Guilt-Free Play
Neil Fiore
1585425524


いや~これは大ヒットです。
私にとって。
邦題はなんと
「戦略的グズ克服術」
・・・なんか、グズって言われると悲しくなっちゃいます。本当のことだけに。
いや、原題では「グズ」とは言っていなくて
procrastinator (物事を先延ばしにする人)
と呼ばれています。
procrastinate が動詞です。(この本の1ページに1度はこの単語が出てくるので確実に覚えてしまうでしょう)

邦題は、インパクトを出すために「グズ」という言葉を使ったのでしょうが、procrastinatorは「グズ」ではないと思います。物事をやるのが遅いのではなく、「先延ばしにする」というだけのことですから。

procrastinatorは、特に
・繊細で人が自分のことをどう思うか気になる人
・完ぺき主義者
・良い子ちゃん体質
といった性質を備えた人が自然と陥ってしまう状態のようです。

でも、物事を先延ばしにしている状態の罪悪感って、嫌なものです。しかし、それも習慣になってしまうとあまり感じなくなってしまうんですよね、恐ろしいことに。この本を読んで、そのことに気づかされました。

「気分がのらないから」先延ばしにするのではなく、少しだけ自分に厳しくなって、「今」やる。そのことが結果的に、自分を大事にすることに繫がるのかな~っと。著者は「遊び」に重点を置くようにすすめています。罪悪感なしの、精一杯の「遊び」。いつの間にか忘れてしまっていたけど、それはすごく大事だなと思います。

なぜ?どうして?先延ばしにしてしまうのか?という分析から始まり、あの手この手で先延ばし癖を直していくようになっており、本格的です。これで人生変わりそうな気がします!
by english-books | 2011-10-18 11:50 | 少し慣れてきた中級者向け

Don't Worry, Make Money: Spiritual and Practical Ways to Create Abundance and More Fun in Your Life
Richard Carlson
0786863218


「小さなことにくよくよするな!」(原題:Don't sweat the small stuff)の作者です。
これはお金儲けの本ではなくて、人生に対する不安や迷い、恐れを取り除くと金銭的にも精神的にも豊かな人生が待っているよ、と優しく愛情にあふれる口調で説いてくれます。
「小さなことに~」に負けずおとらず、こちらもロングセラーです。実は、私はこれを読むのは2回目。以前も色々と迷ったときでした。

章が小分けにしてあって、自分に当てはまるところだけを拾い読みしやすいです。人それぞれですから、ピンとこないところもあると思うので、そういうところは飛ばすと効率が良くなります。
その代わり、当てはまるところは2回読んだりします。朝読んで、夜読んだり。
私が特に共感した章はこちら:
・Experience Relaxed Passion (激しい情熱は続かない、静かな情熱を持ち続けましょうという話)
・Hire Up (自分ひとりで無理しすぎずアウトソースしましょう)
・Remind yourself that Your life begins now (過去の失敗をいつまでも覚えているのは他人ではなく、自分です)
・Find a Mentor (偉大な人たちは意外とアドバイスをしたがるものです、素直に学びましょう)

などなど。Amazonのレビューには「人生が変わった」なんてコメントもありますね!

著者のもう一つのベストセラー↓
Don't Sweat the Small Stuff and It's All Small Stuff: Simple Ways to Keep the Little Things From Taking Over Your Life (Don't Sweat the Small Stuff Series)
Richard Carlson
0786881852

by english-books | 2011-10-18 11:22 | 少し慣れてきた中級者向け

Reinvention: How to Make the Rest of Your Life the Best of Your Life
Brian Tracy
0814413463



「Focal Point」以来、Brian Tracyにハマってます。
この本はまだ日本語に訳されていないみたいですね。

内容:
1. You are remarkable
2. Who are you?
3. What do you want?
4. What are you worth?
5. How to get the job you want
6. How do you get ahead?
7. How do you get the most out of yourself?
8. What do you do now?

いつもの著者らしく、「今の自分はどこにいるのか?」を見極め→「どこに行きたいのか?」というゴールを見極め→それに向かって最短距離をつきすすむ!
という流れ。
私の場合は自営業なので、また人生でやりたいことも決まっているので、特に6~8章が役に立ちました。
(ちなみに、こういうビジネス本の場合は、自分に必要なところだけを拾い読みするのは全く問題ないと思っています)
Focal Pointよりもさらにハードコアな感じです。とにかく仕事を一生懸命やれ!と。
日本人にもとても共感しやすいのではないかなぁ。

まだまだブライアンブームは続きます。
次はこれ↓
Goals!: How to Get Everything You Want - Faster Than You Ever Thought Possible
Brian Tracy
1605094110


日本語訳も出ているようなのですが、著者のアツさを感じるためには、ぜひぜひ英語で読むことをお勧めします。
by english-books | 2011-10-02 23:27 | 少し慣れてきた中級者向け

Focal Point: A Proven System To Simplify Your Life, Double Your Productivity, And Achieve All Your Goals
Brian Tracy
0814472788


日本語翻訳版もあるみたいですね。(邦題「フォーカル・ポイント」)
この本に書かれていることって、特に目新しいものはありません。
いろいろなビジネス書に書かれているようなフレーズをたくさん目にします。

でも、この本のパワーみたいなものと、私の今の波長と、ものすごくタイミングが合って、この本にすごく元気づけられました。
日々いろいろとがんばっているけれど、たまにダウンしてしまうこともある。
そんなときに、この本に書いてある言葉がいちいち響いて、まさにブレイクポイント!することができた気がします。
こういう説得力のある文章を書ける人ってすごい。
英語が第二言語である私にですらバシバシ伝わってくるのですから。
この本をしばらくバイブルにしようと思います。

内容は:

・良い習慣を身につけて運命をコントロールする方法
・ 思考をコントロールする方法
・ 人生を戦略的に設計する方法
・ 仕事とプライベートのバランスを取る方法…e.t.c.
(日本語版Amazonより)

英語はシンプルですが、時々むずかしい語彙も出てきます。
こういう内容に興味のある人であれば(日本語でもビジネス書、自己啓発書を読むのが好きな方)
どんどん読み進められると思いますよ。
by english-books | 2011-10-01 05:53 | 少し慣れてきた中級者向け

The Oracle of Stamboul

The Oracle of Stamboul. Michael David Lukas
Michael David Lukas
0755377699


英語の読みやすさ ★★★☆☆

The midwife of Veniceに引き続き歴史物。今度は18世紀なのでちょっと近づいてます。
歴史物ですので単語は難しいのですが、英文はとても読みやすいつくりになっていると思います。
東ヨーロッパ(トルコ、ロシア、ルーマニア、ブルガリアなど)を中心とした歴史上の出来事の記述は少し難しかったのですが、私自身、東ヨーロッパにはとても興味があるので、興味深く読めました。

神童で、(イスラム教で信じられてきている伝説上の少女かもしれない)Eleonoraちゃんを中心とした不思議な物語です。このEleonoraちゃんはとにかく賢く、物分りがよい、8歳にして大人のような悟りを持った少女なのですが、作者は彼女の繊細な心の動きを丁寧に書いています。彼女がメイドに泣きついてしまったあたりでは、私も涙ぐみそうになりました。運命に翻弄されるEleonoraちゃん。賢い子どもは損だなぁ・・・と思ってしまいました。生まれた時代も悪かったのかもしれません。

The midwife of Veniceのように、ミステリー的な要素はありませんが、Eleonoraちゃんの魅力に引かれて読み進めました。この作家のデビュー作だそうで、今後が期待できますね!
by english-books | 2011-06-03 03:00 | 少し慣れてきた中級者向け