人気ブログランキング |

買い物中毒の行く末は?!



面白さ ★★★★★
英文レベル ★★☆☆☆

日本で「買い物中毒」というと中村うさぎを思い出しますが、この本の主人公も重度の買い物中毒。
主人公レベッカは、「これも必要よね」「これはセールだし」と自分に言い訳しつつ買い物し、
節約をがんばった週には「がんばった自分へのごほうび」として買い物する・・・。
という悪循環に陥っています。
常識を超えた言い訳や妄想、想像力に思わず笑ってしまいます。

銀行やVISAカード会社から何度も来る請求書に恐れ、見ないふり&怪我や病気などの言い訳をしてきたのに、何故か仕事先で銀行の重役に遭遇してしまったり、
ショップでアルバイトを始めても、自分の欲しい服を客から奪ってクビになったりと、
「そんなばかな」的なエピソードが満載。
ルームメイトや周りを取り巻く人々も、ちょっと世間知らずなひとが多く、面白いのです。

そんなレベッカの仕事は、何とファイナンシャルライター。「サクセスフル・セービング」(成功する貯金)という雑誌で記事を書いているのだから皮肉なものです。
けれども、レベッカのファッションや仕事、恋愛に対する考えかたは、イギリスの本といえど同年代として共感できるところが多いです。
もし、ショッピング好きなひとならきっとハマるはず♪
(本の写真をクリックすると、他の人たちの感想が見られます。レベッカワールドにハマッたひとたちの話も面白い)

英文はイギリス英語で、イギリスの女の子の会話独特の単語や言い回しが出てくるので、アメリカ英語と比べてみるのも面白い。
by english-books | 2008-07-06 11:45 | 初心者向け